Original & Spiritual Jewellery Ijeluna

オリジナルジュエリーブランド「Ijeluna」。シルバージュエリー等、オリジナルデザインのジュエリーを通販いたします。

糸魚川翡翠や各種の天然石等、稀少性の高い天然石を使ったハンドメイドジュエリーの製作と販売をしています。



Collection














Contents

Collection's
Site Map
天然石についての知識
ジュエリーに使われる石の種類
ジュエリーに使用する貴金属
リングサイズの図り方とお手入れ
ジュエリー製作の方法等
メンバーズ会員について
日本産の翡翠について
様々な鉱物や宝石についてのお話
ダイヤモンドについて
オーダーメイドやリフォームについて





























































カート

カートの中を見る

商品検索



メールマガジン

メルマガ登録・解除はこちら

LINK


Ijeluna
★「Ijeluna」のHPです。

Ijeluna-homme
★「Ijeluna-homme」のHPです。

Ijeluna Blog
★「Ijeluna」のオフィシャルブログです。

Ijeluna Blog
★糸魚川翡翠と稀少石の姉妹サイト「nekoguruma」です。

★モバイル用バーコード★

モバイル用


★twitter & facebook★




rss atom


Ijeluna(アイジェルナ)のジュエリー通販サイトで取り扱いがある宝石や天然石の種類についての説明になります。
但し、宝石や天然石については、鉱物学的な見方やパワーストーンとしての見方等、全ての方々が求める正確な情報を記載するには専門的な知識や説明が必要になります。
私の誤認識や不勉強による記載内容の誤記述等があるかもしれませんので、どうぞ簡易的な参考程度としてご覧下さい。


アイオライト【アイオライト】
カラーバリエーション / 青、紫

アイオライトの宝石名で知られますが、鉱物学的にはコーディエライトと呼ばれるサファイヤに似た青紫色の天然石です。
多くの別名を持つ天然石でウォーターサファイヤ、ダイクロアイトとも呼ばれます。
別名のダイクロアイトは2色の石という意味で多色性があり、表面から見た色と90度方向から見た色が異なって見える為、本来の美しい色合いを引き立たせる正確なカットが要求されます。
自己同一性という石言葉を持ち、目標に向かって正しい方向への前進を促す、物事の本質を見抜く洞察力や理解力、観察力の向上等のパワーがあると言われてます。

アクアマリン【アクアマリン】
カラーバリエーション / 青のみ

アクアマリンは淡い水色の3月の誕生石でラテン語で海の水を意味する美しい半貴石です。
アクアマリンは「ベリル(緑柱石)」の一種でカラーバリエーションが青のみなのは、含まれる成分によって異なる名称で呼ばれるからです。
緑色のエメラルド、黄色のヘリオドール、ピンクのモルガナイト等が有名です。
幸福に満ちる、永遠の若さをもたらす、幸せな恋愛や結婚、平和と安定などの意味を持つ天然石としても知られ、古くから多くの女性を魅了し続けています。

アジュールマラカイト【アジュールマラカイト】
カラーバリエーション / 藍青&緑の混色

藍青色のアズライト(藍銅鉱)と不透明な緑色のマラカイト(孔雀石)の2つの鉱物が混ざり合った天然石です。
アズライトの藍青とマラカイトの緑色が混在する事で宇宙から見た地球のように自然な美しさを感じるアンジュールマラカイトは、名声や栄誉と言った石言葉を持ち、集中力や洞察力を高める力があると言われています。
耐久性が低く、衝撃や水、紫外線にも弱いデリケートな天然石です。

アマゾナイト【アマゾナイト】
カラーバリエーション / 青、青緑

アマゾナイトは空色や青緑色をした微斜長石で水の流れを思わせる美しい模様の天然石です。
その色合いからか気晴らしや潮時といった石言葉を持ち、焦りや絶望感からの解放、心と身体を安定させてバランスを保つ、コミュニケーション能力の向上等の効果があると言われています。
石の表面がキラキラと光る発色の良いものが良質とされています。
水が染み込み易い事と変色し易い事、一定方向への負荷に脆弱な天然石です。

アメジスト(紫水晶)【アメジスト(紫水晶)】
カラーバリエーション / 紫のみ

古くから人との関わりが深い天然石で紫水晶とも言います。
その名の通り紫色をした水晶でカラーバリエーションとしては紫のみですが、淡いすみれ色から濃い紫色まで濃淡の幅があります。
宝石としての品質では、色の濃さと透明度の高さ、色むらの少なさがポイントになりますが、色が濃いと黒っぽく見える為、薄暗くても紫色と分かる程度の色目がお薦めです。
パワーストーンとしても人気があり、恋愛成就、不安や迷い等を払い心に安らぎをもたらす、インスピレーションを高める等の力を有した天然石として知られていますが、古代より紫色は神聖で高貴な色として尊ばれていたからかもしれませんね。

アレキサンドライト【アレキサンドライト】
カラーバリエーション / カラーチェンジ効果があり、太陽光では暗緑色、白熱光では赤紫色

アレキサンドライトは紫外線を吸収する性質がある為、青緑色系のスペクトルが強い太陽光の下で見える色目と赤色系のスペクトルが強い白熱灯等の下で見える色が異なるカラーチェンジストーンです。
太陽光の下では灰色系の暗緑色や黄色っぽいものが多いのですが良質のものは青系の色目を有し、白熱灯の下では赤紫系の色合いになります。
天然石で良質のアレキサンドライトは産出量も少なく非常に稀少で高価ですが、人工の合成アレキサンドライトも同じようなカラーチェンジ効果を楽しめます。

アレキサンドライトキャッツアイ【アレキサンドライトキャッツアイ】
カラーバリエーション / カラーチェンジ効果とシャトヤンシー効果のある紫、青、ピンク、白、灰等

アレキサンドキャッツアイは、カラーチェンジ効果のあるアレキサンドに加えてシャトヤンシー効果(キャッツアイ)が生じるもので非常に稀少な天然石となります。
カット研磨以外の処理がされていないものが多く、ナチュラルに近いルース(裸石)が殆どで、紫、青、ピンク、黄、白、灰色等のベースカラーが多く、アレキサンドライトと同様に光の波長によるカラーチェンジとシャトヤンシーが同時に見られる神秘的な宝石です。

インカローズ(ロードクロサイト)【インカローズ(ロードクロサイト)】
カラーバリエーション / ピンク単色、ピンク、白、黄、グレー色の縞模様

アンデス山中で産出される結晶の形が薔薇の花に似る事からインカロースと呼ばれる美しいピンク色をした天然石で、ロードクロサイト(ギリシャ語で「薔薇色の石」)とも呼ばれます。
色が濃く透明感の高いものが良質とされていますが、ピンクに白い縞模様の入った淡く優しい色合いのものも人気があります。
パワーストーンとしても非常に人気のあるインカローズには、新しい愛とロマンの到来という石言葉があり、心の傷を癒し、肉体と精神と感情のバランスを統合する、富と名声を得る等の力を持っていると言われています。
硬度が低めで割れ易く、紫外線等での褪色にも注意が必要なデリケートな天然石です。

インドスタールビー【インドスタールビー】
カラーバリエーション / アステリズム(スター効果)のあるルビーで赤褐色、赤色、赤紫色など

インド産のルビーは、ルビーの中では透明度が低いもののインクリュージョン(内包物)のルチル(金紅石)によってカボッションカット(表面を丸く研磨するカット)をすると石の表面にアステリズム効果でスター状の星彩が現れるものがあります。
このような星彩効果のあるインド産のルビーがインドスタールビーと呼ばれています。
ルビーやスタールビーの中ではお手頃が価格帯で、落ち着いた色合いと星彩効果を楽しめる天然石という事で人気があります。
ルチルの方向が2方向なら4条、3方向なら6条の星彩が現れます。

エメラルド【エメラルド】
カラーバリエーション / 緑のみ

5月の誕生石でもあるエメラルドは、アクアマリンと同じベリル(緑柱石)の一種です。
緑色なのはクロムやバナジウムという成分によるもので、同じ緑色でも鉄分による場合はグリーン・ベリルと呼ばれます。
エメラルドの特性上、結晶化の際に内包物や亀裂が入る為、エンハンスメント処理が施されている場合が多いのですが、カーボン等の黒い内包物(通称:カラス)の有無で天然石かどうかを確認する材料にもなります。
衝撃に対して非常に弱く、熱や水にも弱いデリケートな宝石で古くからエメラルド向けのカットとして隅切り八角形のエメラルド・カット等でのセッティングをする等、非常に慎重に扱われてきました。

オニキス【オニキス】
カラーバリエーション / 黒、白、黄

ギリシャ語で「爪、縞目」を意味する「onyx」が語源の天然石で本来はアゲートの中で直線的な縞模様のあるものを指しましたが、現在は黒色のカルセドニーも含めての呼称となっている天然石です。
縞模様のタイプと黒い単色のものでムラや曇りのない光沢のあるものがお薦めです。
比較的に安価で手軽に楽しめるオニキスには、手中にある成功という石言葉があり、運動能力を引き出したり、知性を引き出したりと潜在的な能力の開花を促すパワーストーンとしても人気があります。

オパール【オパール】
カラーバリエーション / 乳白色、赤、橙、黄、緑、黒、グレー等

地殻中のシリカが硬化したオパールには、火山の溶岩中にできるマウンテン・オパールと砂岩中にあるサンドス・トーンオパールがあります。
見る角度によって虹色に煌めく特徴的なプレー・オブ・カラー(遊色効果)で多彩な色を示すプレシャス・オパールから不透明で遊色効果を示さないコモン・オパールまでバリエーション幅のある天然石です。
どのタイプのオパールも非常に個性的で色味や雰囲気など好みが細分化するものの根強い人気があり、10月の誕生石としても知られています。
内部に微量の水分を含むオパールは熱や乾燥に弱く、割れ易いデリケートな天然石なので取り扱いには注意が必要です。

オブシディアン【オブシデァイン】
カラーバリエーション / 黒、褐色、灰色、褐緑色、光彩効果があるタイプも存在

和名である黒曜石の名でも知られ、古くから装飾品等として用いられてきた天然石で、表明に油膜のような光彩効果のあるレインボーオブシディアン、蜘蛛の巣のような模様が入ったスパイダーウェブオブシディアン、金色のシーン効果が見られるゴールデンオブシディアン等、複数のバリエーションがあります。
ジュエリーとしても、各バリエーションのオブシディアンが使われていますが、他に似たようなタイプのないレインボーオブシディアンがもっとも知られています。
光彩効果やスパイダーウェブ等、独特の個性がある黒色系の天然石として人気があります。
やや硬度が低めなので衝撃等には注意が必要です。

オレンジムーンストーン【オレンジムーンストーン】
カラーバリエーション / オレンジ乳白色、ピンク乳白色、ベージュ乳白色

オレンジムーンストーンは、ムーンストーンの中でオレンジやピンク、ベージュ色の淡い色合いのムーンストーンで乳白色のムーンストーン同様にカボッション状に表面を丸く研磨すると表面にシーン(シラー)と呼ばれる乳白色の帯が見られます。
フェルドスパー(長石)の一種ですが、ファルドスパーには様々な種類が存在し、ラブラドライトやアマゾナイト、サンストーン等が有名です。
シラー効果で生じる光の帯は石の角度に合わせて滑らかに表面を移動し、その光の帯の動きやラインで形の整ったものを選ぶのがポイントになります。
構造的に薄い平らな結晶が重なり合っている事から、衝撃等で剥離するように割れる事があります。

ガーネット【ガーネット】
カラーバリエーション / 赤、橙、緑、黄、褐色、無色

一般的にガーネットと言えば深みのある赤い柘榴色のものとなりますが、厳密には複数(16種類)の鉱物を総称するグループ名称になる為、その成分によって様々なカラーバリエーションが存在し、色目によって別名で呼ばれる奥の深い天然石です。
柘榴色の一般的なガーネットの石言葉は、真実・友愛・貞節で、恋人との絆を強くする等の恋愛関係のパワーストーンとしても人気がありますが、シルバーやゴールドといった貴金属との相性が非常に良く、上品で高級感や重厚感のある印象のジュエリーになる為、ジュエリー用に研磨されたガーネットも高い人気を誇っています。
硬度が高く、熱や薬品の耐性も強く非常に扱い易い天然石です。

カーネリアン【カーネリアン】
カラーバリエーション / オレンジ、鬼灯色、赤

種類とバリエーションの多いカルセドニーという鉱物の一種のカーネリアンは、全体的に均一な赤色、オレンジ色、鬼灯色をした天然石になります。
産出時は色味の薄いものが多いのですが、加熱処理によって含有する鉄分が酸化して濃色になります。
比較的にお手頃な価格の赤色系天然石として人気があり、パワストーンとしても力強さと勇気を与える、積極性や行動力を与える、好奇心ややる気を引き出して成功や富をもたらす等の意味がある事から好まれる方が多い天然石のひとつです。
古くから装飾品や置物、彫刻、印章等として用いられてきた歴史のある石です。

キュービックジルコニア【キュービックジルコニア】
カラーバリエーション / 合成石の為、各色

キュービックジルコニアは天然石ではなく人工的に作られた合成石になります。
ジルコニア結晶に金属元素を添加する事で様々なカラーバリエーションを得られるが、特にダイヤモンドの模造品として無色透明のタイプが一般的。
ダイヤモンドに近い屈折率とコランダム(ルビーやサファイヤ等)程の硬度を持つ為、天然のダイヤモンドには手が出ないが雰囲気だけでもという事なら非常にリーズナブルに楽しめると思います。
ダイヤモンドとの見た目での違いは、ファイヤーと呼ばれる分散した虹光の煌めきがダイヤモンドより強く、カット面をルーペ等で比較するとカットに甘さがある点等ですが、小粒になる程に差異が分かり難くなるかもしれません。

クォーツ(水晶)【クォーツ(水晶)】
カラーバリエーション / 無色透明

正確にはクォーツ(石英)の中で無色透明な水晶を指し、ロッククリスタルとも呼ばれます。
ミルキークォーツ等の白濁した水晶は不純物やインクリュージョン(内包物)の影響によるもので、紫水晶、黄水晶、茶水晶等の場合は別名称の天然石として扱われます。
古くから世界中で不思議な力を宿した石として宗教儀式にも用いられてきた神秘性のある水晶は、現在では精密機器や光化学レンズ等、装飾品や調度品以外でも多方面に活用されています。
代表的なパワーストーンのひとつで非常に身近な天然石ですね。

クォーツァイト【クォーツァイト】
カラーバリエーション / 白、グレー、黄、緑等

クォーツァイトは名前の通りクォーツに似た成分の天然石で、構造的にクオーツは単結晶で隙間がないのに対し、クォーツァイトは非常に小さな石英(クォーツ)粒の集合体になる為、多くの隙間が存在します。
構造的に染色し易い事から他の天然石(有名なものでは翡翠やアマゾナイト等のグリーン系の石)の模造品として染色されたクォーツァイトも多く流通していますが、純白に近いクォーツァイトもパワーストーン等としても人気があります。
綺麗なクォーツァイトを綺麗にカットした調度品やジュエリー向けのルースも増えてきて染色されていない状態でのクォーツァイトの魅力が徐々に浸透していますね。

クリソコーラマラカイト【クリソコーラマラカイト】
カラーバリエーション / 青、青緑、緑、黒等の混色

クリソコーラマラカイトは青や青緑のクリソコーラの中に孔雀の羽のようなマラカイトの輪紋が点在するクリソコーラとマラカイトの混在鉱物になります。
ターコイズに似た色合いですが、マラカイト特有の円状の縞模様があり、とても神秘的な印象を持った天然石で、濃紺色系のクリソコーラの色合いと濃緑色系のマラカイトが混在する事で他の天然石にはない独特の表情を生み出しています。
同じクリソコーラマラカイトでも色柄が全て異なっているので、調度品として大きな原石を磨いた状態でも販売されていますが、ジュエリー用では小さなサイズの中で最大限の魅力が引き出せるように色柄の細かいものが使われます。

グリーンアゲート【グリーンアゲート】
カラーバリエーション / 緑のみ

多彩なカラーバリエーションと縞模様などで多くの名称を持つアゲート(瑪瑙)の中で緑色をしたものをグリーンアゲート(緑瑪瑙)と呼びます。
他のアゲートと共に古くから世界中で親しまれてきた天然石のひとつで装飾品や調度品として今も愛される天然石です。
グリーンアゲートには、長寿と健康、緊張の緩和やストレスの軽減等、健康面や対人関係に良い効果があると言われ、お守りのように親しまれています。

グリーンムーンストーン【グリーンムーンストーン】
カラーバリエーション / 透明感と奥行きのある緑

グリーンムーンストーンはムーンストーンの中でも稀少性が高い色合いの天然石で、特にジュエリー用のルース(裸石)としては、透明感と奥行き感のある非常に綺麗な石が扱われています。
淡灰緑色の白濁したものも含めてグリーンムーンストーンと扱われますが、美しいものは、ブルームーンストーン、レインボームーンストーン、ロイヤルムーンストーン、スタームーンストーン等と並んで、とても価値の高いムーンストーンになります。
ムーンストーン特有のシラー効果(シーン)と呼ばれる光の帯が見られますが、オーロラのような奥行きと透明感を持っているのが特徴です。

グリーントルマリン【グリーントルマリン】
カラーバリエーション / 緑のみ

虹の宝石と呼ばれるトルマリンには、様々なカラーバリエーションが存在していますが、中でもピンク系のトルマリンとブルーやグリーン系のトルマリンは単色系のトルマリンの中でも人気が高い色目になります。
グリーン系の色目は、含有する鉄やクロムによるものでバーデライト(ベルデライト)やクロムトルマリンと呼ばれる事もあります。
カラーバリエーションが多いトルマリンですが、ジュエリー向けのルース(裸石)は色目やサイズ、カット、品質にもよるものの価格が高い為、ゴールドやプラチナジュエリーに使用する事の方が多いかもしれません。

サファイヤ【サファイヤ】
カラーバリエーション / 青、紫、黄緑、黄、ピンク、無色等

9月の誕生石でもあるサファイヤはルビーと同じコランダム(鋼玉)で赤色以外の全ての色のものになります。
多くの場合、青色のものをサファイヤと呼び、その他の色はピンクサファイヤ、イエローサファイヤ等のように色目を付けての呼称となります。
透明度が高く、鮮やかな色目のものが良質とされていますが、ダイヤモンドやルビー、エメラルドと並ぶ宝石なので、サイズ、色目、品質によって値段の幅が大きくなります。
ジュエリーとしてもゴールドやプラチナ素材と組み合わせる事が多く、金色のゴールドなら対比効果で深みのある青の色合いが映え、白金色のホワイトゴールドやプラチナなら透明感のある青の色味が強調されます。

シトリン(黄水晶)【シトリン(黄水晶)】
カラーバリエーション / 黄、黄金

フランス語で檸檬を意味するシトリンは黄色や金色をした水晶で11月の誕生石です。
加熱処理による色上げや変色処理されたものが多く、ナチュアルなものは非常に稀少です。
淡黄色のものはトパーズに似ている事から混同されたり代用されたりする事もありますが、水晶等のパワーストーンの人気も高まり、黄水晶としてシトリンも以前よりフェアーに扱われるようになりました。
シトリンは、その色合いから太陽を象徴する石として自信や希望を与え生命力を高めると信じられお守りにされ、友愛と希望、商売繁盛や繁栄等の意味合いを持つ天然石としても知られています。

シリマナイト・キャッツアイ【シリマナイト・キャッツアイ】
カラーバリエーション / シャトヤンシー効果のある白、灰、乳白色、黒、茶、褐色等

シリマナイトは珪線石という鉱物の一種で斜方晶系の天然石で、同一成分の多形の天然石にカイヤナイト(藍晶石)とアンダリューサイト(紅柱石)があり、同質異像となります。
繊維状の結晶が多い為、透明のものよりシャトヤンシー(キャッアイ)効果があるタイプが多くなります。
透明感のある白色から黒い色目のものまでカラーバリエーションがありますが、基本的にモノトーンに近い色目になり、透明感と深みのあるシャトヤンシーが特徴です。
色目は好みで構わないと思いますが、特徴であるシャトヤンシー効果が美しいものを選びましょう。

ジャスパー【ジャスパー】
カラーバリエーション / 各色、縞模様、斑模様等多様なバリエーション

カルセドニーやアゲートと同じ潜晶質石英の一種で一定以上の不純物を含有する事で不透明になったタイプの天然石です。
不純物と聞くとイメージが悪いかもしれませんが、混入した成分によって様々なカラーバリエーションと縞模様や斑模様等のナチュラルな色柄を有する美しい石です。
色柄のバリエーションが豊かな天然石なので、はっきりとした模様を持ち、縞目の濃淡が美しいものがお薦めです。

スターサファイヤ【スターサファイヤ】
カラーバリエーション / アステリズム(スター効果)のある青、黄、橙、白、ピンク等

サファイヤの中にルチル(金紅石)が含まれたものは、その方向が2方向なら4条、3方向なら6条といった具合に表面を丸く研磨した際、アステリズム(スター効果、星彩効果)が現れます。
赤色ならスタールビーとなりますが、赤以外の色目は全てスターサファイヤとなりますが、黒色のものだけはブラックスターサファイヤとして区別されている事があります。
はっきりとした星彩効果が見られ、鮮やかな色合いのものが好まれますが、相応の価格となります。
合成のスターファイヤもありますが、天然のようなナチュラルな色合いではありません。

スターダイオプサイト【スターダイオプサイト】
カラーバリエーション / アステリズム(スター効果)のある黒

ダイオプサイトでは、彩度の高い緑色をしたクロム・ダイオプサイトと不透明な黒色でスター効果の見られるスターダイオプサイトの2種類が有名です。
ジュエリー用のクロム・ダイオプサイトは非常に彩度の高い緑色のものに限られ、透明感のない濁った色目のものやインクリュージョン(内包物)を多く含んだもの等は使用されませんが、スターダイオプサイトは比較的にサイズバリエーションも豊富で色目的に不透明な黒色に白い星彩が現れる為、小さな石でも確認し易く人気が高い天然石です。
硬度は普通ですが、欠け易い上、原石の段階でキズやクラック(細かいヒビ)が入っているものが多いのが特徴なので、なるべくキズやクラックの目立たないものを選ぶのがコツです。

スペクトロライト【スペクトロタイト (ラブラドールライト)】
カラーバリエーション / ラブラドレッセンスの輝きがあるピンク、橙、黄緑、黄、青灰色、黒、無色透明等

鉱物的にはラブラドライトと同一のスペクトルライトですが、ラブラドライト特有のラブラドレッセンス(ラブラド光線)と呼ばれる独特の強い輝きが非常に強く、その閃光効果の強さからスペクトロライト(分光石)と呼ばれています。
ラブラドライトに比べるとベース色が濃く(黒色系)不透明なものが多く、ラブラドレッセンスが青や黄、橙等の鮮やかな色目のものが多く、淡く光るラブラドライトとは少し印象が違っています。
独特のラブラドレッセンスの閃光が美しい天然石です。

スモーキークォーツ(煙水晶、茶水晶)【スモーキークォーツ(煙水晶、茶水晶)】
カラーバリエーション / 褐色〜黒、煙灰色、茶

クォーツの一種で茶や煙色をしたような透明な天然石です。
茶水晶、煙水晶の名称でも知られ、パワーストーンとしても人気の高い身近なスモーキークォーツは、様々なヒーリング効果があると言われています。
比較的、取り扱い易い天然石で水や薬品への耐性が高い反面、汗や皮脂、紫外線で褪色する事もあります。
透明度が高く、過度なエンハンスメント処理が施されていないものがお薦めです。

ソーダライト【ソーダライト】
カラーバリエーション / 濃青色、黄、灰色、白等の筋模様

ソーダライトは名前の通りソーダ(ナトリウム)を多く含んだラピスラズリに似た色合いの天然石です。
ラピスラズリと違い粉砕すると青色が消えてしまい、ラピスラズリのような黄鉄鉱の金色の斑点がありませんが、色合いが似ている事から代用品として用いられていました。
ラピスラズリにはない透明感があるのが特徴で、カルサイト(方解石)という白い結晶を含み、美しい筋模様が入ったものがジュエリーに使われます。
非常に歴史のある天然石でサファイヤを思わせる鮮やかなブルー色と透明感から最近、フェアーな評価を受け、人気が上がっている天然石のひとつです。

ターコイズ【ターコイズ】
カラーバリエーション / 濃青、青、緑、白、茶や黒の筋や網目模様

ターコイズブルーと呼ばれるように特徴的な鮮やかな色合いの天然石で12月の誕生石にもなっています。
産出地や産出された鉱山によって成分として含まれる鉄や銅の割合や影響が違い、非常に豊かなカラーバリエーションを持っており、既に廃鉱となった鉱山で産出された稀少性の高い色目のもの等は収集家の間で高額で取引されています。
とてもデリケートな天然石で衝撃、水、熱、乾燥、薬品等に弱く、褪色や変色し易いです。
多孔質な鉱物なので樹脂等での裏張りや含浸処理といったエンハンスメントが施されているものが多いのですが、染色処理されていないものが良いでしょう。
単色のものからスパイダーネットと呼ばれる細かい網目模様の入ったものまで表情も豊かなので感覚的な好みで選べる楽しみもあります。

タイガーアイ(虎目石)【タイガーアイ(虎目石)】
カラーバリエーション / 黄褐色、茶、金褐色等でシャトヤンシー(猫目効果)が見られる

タイガーアイは、不透明系の水晶の仲間で繊維状の鉱物に石英が染み込んで硬化した天然石です。
成分として含まれる鉄分の酸化作用で茶褐色や茶色等の色目になったものをタイガーアイと呼びますが、酸化する前の青灰色のものはホークアイと呼ばれています。
シャトヤンシー効果のあるタイガーアイ等は古くからアイ・ストーンとして聖なる石と考えられてきた事から、パワーストーンとしても洞察力の向上、仕事や金運の上昇等の力があるとして人気の高い天然石のひとつになります。
はっきりとしたシャトヤンシー効果があり、メリハリのある縞模様のあるものがお薦めです。

ダイヤモンド【ダイヤモンド】
カラーバリエーション / 無色透明、黄、ピンク、緑、褐色、黒等

地球上でもっとも硬い鉱物でもあるダイヤモンドは4月の誕生石にもなっています。
無色透明で4Cと呼ばれる基準で評価されるダイヤモンドとファンシーカラーと呼ばれる色の付いたダイヤモンドは、重さ(Carat)&透明度(Clarity)&色(Color)&カット(Cut)の総評価で価値が大きく変わります。
性別や年齢を問わず普遍的な人気を誇るダイヤモンドは、デザイン次第でカジュアルなものからシックなものまで幅広いイメージのジュエリーとして楽しめます。
エンゲージリング(婚約指輪)としても人気のダイヤモンドですが4Cによって価格幅が大きい為、技術と知識と信頼の於けるジュエラーやショップでの購入をお薦めします。

タンザナイト【タンザナイト】
カラーバリエーション / 青〜紫

タンザナイトは多色性の特徴を持った青〜紫の天然石で、ブルー・ゾイサイトが正式名称となります。
しかし、商品名称としてタンザナイトの名称で一般的に認知されている為、タンザナイトと呼ばれる事が多い美しい天然石です。
多色性を持つ石の特徴で見る方向や角度によって色が違って見えますが、タンザナイトの変色効果は正面から見ると青みが濃く、石を傾けて見ると紫〜青色に見える程度なのでサイズや品質の高いもの以外では分かり難いかもしれません。
それでも非常に美しい天然石なので人気があります。

トルマリン・キャッツアイ【トルマリン・キャッツアイ】
カラーバリエーション / シャトヤンシー効果のある白、黄、ピンク、緑、ピンク、黒等

その名の通りにキャッツアイ効果のあるトルマリンで、トルマリンの中に稀に適切なカットを施す事で光沢感のある美しいシャトヤンシーが現れるものがあるのです。
トルマリンは変化に富んだ成分を持つ天然石なのでカラーバリエーションの豊富さ、パーティカラーと呼ばれる2色や3色の色を持つタイプ、キャッツアイ効果を持つタイプ等、多彩な楽しみを見い出せる天然石です。
残念ながら、トルマリンの中では流通量が少なくあまり身近なタイプではありませんが、光沢感のあるシルキーなシャトヤンシーがある非常に美しい石です。

トルマリン・バイカラー【トルマリン・バイカラー】
カラーバリエーション / 白、黄、ピンク、緑、青、ピンク、黒等のパーティカラー

トルマリンは、パーティカラーと呼ばれるひとつの結晶に2つ以上の色を持ったタイプがある事でも知られる天然石です。
もっとも有名なパーティカラーとしてはピンクとグリーン色を持ったウォーターメロントルマリンがあり、2色の色を持ったタイプをバイカラー、3色の色を持ったタイプをトリカラーと呼びます。
トルマリン以外ではクォーツ系の天然石にも見られる特徴でパープルのアメジストと黄色のシトリンによるアメトリン等も有名です。

パール(真珠)【パール(真珠)】
カラーバリエーション / 白、ピンク、黄、青、シルバー、緑、クリーム、ゴールド、褐色、黒等

6月の誕生石にもなっているパールは、アワビやあこや貝等の体内で分泌される真珠層によってできた宝石です。
海水に生息するあこや貝、蝶貝、黒蝶貝、マベ貝といった海水に生息する貝から採れたものと淡水に生息する池蝶貝等から採れた淡水パールがありますが、海水生のパールの方が高い価値を持っています。
母貝の種類や生息地域によって様々な種類があり、種類以外にもサイズ、形、テリ、巻き、キズの有無、色等によって価格が大きく異なり、ダイヤモンド等の宝石と同様に信頼できるショップ等での購入がお薦めです。

ファイヤーオパール【ファイヤーオパール】
カラーバリエーション / 赤、橙等に遊色効果

ファイアーオパールのファイヤー(fire)は本来は遊色効果の由来であるチラチラと揺れる炎を表現する「Playing fire」の事ですが、現在は赤や橙色をしたオパールに対しての総称として呼ばれる事が多くなりました。
オパールの中でも赤や橙色のもので遊色効果が見られるものはファイヤーオパールとして扱われるものの遊色効果のない赤や橙色のものはファイヤーオパールとして扱われない場合もあります。
赤や橙の色目にキラキラと輝く遊色効果があるファイアーオパールは非常に情熱的な印象を持った天然石です。

フローライト【フローライト】
カラーバリエーション / 濃淡紫色、濃淡緑色、青、黄、オレンジ、ピンク、無色透明等

多彩なカラーバリエーションを持つフローライトは、和名の蛍石が示す通り、紫外線を当てると発光して蛍のような輝きを発します。
硬度が低く、加熱する事で溶けたり割れたりするデリケートな天然石です。
とても豊かな表情を持ったフローライトは、単色のものだけでなく、様々な色がグラデーションになったものまであり、見る角度で色が変わって見えます。
フローライト自体は比較的にお手頃な価格の天然石ですが、デリケートな石なのでジュエリー様にカットされたものは相応の価格になっています。

ブラックスターサファイヤ【ブラックスターサファイヤ】
カラーバリエーション / アステリズム(スター効果)のある黒

ブラックスターサファイヤは、スターサファイヤの中でも石色が黒いものになります。
黒地にシルクのような光沢感のある金色、銀色、褐色等の色合いのアステリズムがあり、内包されるルチル(金紅石)の針状結晶の方向数によって4条、6条の星彩効果が現れ、稀に12条のものも存在します。
スターサファイヤの中でも黒色のタイプだけがブラックスターサファイヤの名称で呼ばれる為、アステリズムの星彩効果色のみのカラーバリエーションですが、特に男性に人気のあるサファイヤの種類になります。

ブルーオニキス【ブルーオニキス】
カラーバリエーション / 青、青と白の縞模様

ブルーオニキスは、青または青と白の縞模様の瑪瑙になります。
ナチュラルなものは色目が淡いものが多い事から、多くの場合、染色等の処理が施されています。
染色処理された処理石なので、ブルーアゲート、ブルーオニクス等、いろいろな名称で呼ばれています。
染色されたものは色目が鮮やか過ぎる印象となりますが、ジュエリー用のルースの場合、品質がある程度の原石を使っている為、透明感のある青色となっています。
独特の色味から処理石にはなるもののが、パワーストーンとしても人気が高い石です。

ブルーカルセドニー【ブルーカルセドニー】
カラーバリエーション / 白、灰、青等の淡い色合い

アゲートやジャスパーと共に潜晶質石英の一種であるカルセドニーの中で淡い青みのある色味のものになります。
カルセドニーは潜晶質石英の中でも色が比較的に均一なタイプの天然石で、ブルーカルセドニーも優しく淡い色目になる為、色の調和が取り易く、とても気軽に楽しめる天然石です。
アゲート、ジャスパー、クォーツ等と並び、古くから装飾品や調度品として親しまれています。

ブルートパーズ【ブルートパーズ】
カラーバリエーション / 青

トパーズの中でもブルーのものをブルートパーズと呼んでいます。
トパーズの和名は黄玉(おうぎょく)と言い、シトリンがトパーズの代用石として扱われる等、その名や印象から黄色の天然石と思われがちですが、青、赤、ピンク、褐色、橙、無色透明等、黄色以外にも多彩なカラーバリエーションを持っています。
特にジュエリー業界では、ブルーのトパーズが人気が高く、ナチュラルな黄色のトパーズを加熱、放射線等のエンハンスメントを施しているものも多い色目です。
もともとが半貴石として価値の高いトパーズだけにエンハンスメントが施されたものであっても高価な部類の天然石になります。

ブルームーンストーン【ブルームーンストーン】
カラーバリエーション / 青色のシラー効果(シーン)のある透明色か乳白色

ムーンストーンの中でも青色のシラー効果を持つものがブルームーンストーンと呼ばれて区別されています。
シラー効果による帯状の光沢が青いムーンストーンですが、ジュエリー用として扱われる場合には透明感が高く、鮮やかなブルーのシラー効果があるものに限られ、乳白色や透明感のないものが使用される事は殆どありません。
より透明感が高く鮮やかな青いシラー効果のあるものは、ロイヤルブルームーンストーンと呼ばれています。
通常のムーンストーンのように立体的なシラー効果ではなく、表面的なシラー効果を持つ為、ムーンストーンの中では表面の丸みがない形状にカットされたタイプが多く、表面全体で青いシラー効果で見せるようなものもあります。

ヘマタイト【ヘマタイト】
カラーバリエーション / 金属光沢感のある黒、黒灰色、赤褐色

ヘマタイトは鉄鉱石の一種で不透明な金属光沢感のある天然石です。
光沢感が品質の目安となる為、ジュエリー等の装飾品向けのものは光沢が出るように磨かれていますが、硬度が低くキズが付き易い事から光沢感を維持するには取り扱いに注意が必要です。
以前はブラックダイヤモンドとも呼ばれていましたが、ヘマタイトの名称が一般的にも認知され、トリーテッドストーンとして黒いダイヤモンドの処理石が流通している事もあり、最近はヘマタイトが一般的な名称になっています。

ペリステライト【ぺリストライト】
カラーバリエーション / 無色透明または乳白色に青いシラー効果

ペリステライトは見た目的には、ブルームーンストーンと似た透明感の強い無色から乳白色の石の表面にシラー効果で青い光の帯が見られる天然石です。
名前の由来はブルームーンストーンにも似た光の干渉作用によるシラー効果がぺりステラ(鳩の意味)の羽の輝きに似ている事から付けられました。
ムーンストーン、ブルームンストーンに外見や成分が非常に似た天然石で鉱物グループとしても同じペリステライトですが、全く異なる天然石です。

ペリドット【ペリドット】
カラーバリエーション / 薄緑(オリーブ色)のみ

オリーブグリーンの美しい色合いが名前の由来となっているペリドットは8月の誕生石としても知られる美しい半貴石です。
ペリドットには、他の宝石や半貴石には見られない表面に油膜のような光沢があるのが特徴で、半貴石の中では非常に高価な天然石です。
また、複屈折率という石に入った光が二重の光になって出ていく特性があり、裏面にカットが施されたデザインのペリドットは真上から見た時に裏面のカットのラインが二重に見えます。
優しい色合いをしたペリドットには幸せや夫婦愛といった印象通りの石言葉があり、とても人気があります。

マグネサイト【マグネサイト】
カラーバリエーション / 白に灰や黒の筋や網目模様

マグネサイトは白地に灰色から黒色の筋模様や蜘蛛の巣のような網目模様が入った天然石です。 ややマットな光沢感の少ない質感を持っている為、雰囲気的には白いターコイズのような印象を持っています。
ハウライトという天然石と非常に似た石で混同されている事もありますが、多孔質なので染色されターコイズ等のイミテーションにも使われます。
徐々に天然石として知名度が上がってきた事から最近はナチュラルの状態での流通量も増えてきました。

ムーンストーン【ムーンストーン】
カラーバリエーション / シラー効果のある乳白色、乳白オレンジ色、乳灰色、乳黄色等

6月の誕生石にもなっているムーンストーンは、フェルドスパー(長石)の一種で非常に多くのバリエーションがある天然石で、表面を丸く研磨する事で月の光のような乳白色の帯状光彩(シラー効果やシーンと呼ばれます)が見られる乳白色系の色目の半貴石です。
ファルドスパー(長石)にはサンストーン、ラブラドライト、アマゾナイト等、含まれる成分や混入物の影響で生じる効果、特性、色目等で異なる名称の天然石が多数存在し、ムーンストーンの中だけでもブルームーンストーン、レインボームーンストーン、グリーンムーンストーン、スタームーンストーン等、通常のムーンストーンとは異なる雰囲気の種類のものや色味によってグレームーンストーンやオレンジムーンストーン等の分け方をしている事もあるバリエーションの豊富さが特徴です。

モスアゲート【モスアゲート】
カラーバリエーション / 白濁色や透明色に緑色系のインクリュージョン

モスアゲートは白濁色や透明色のアゲート(瑪瑙)やカルセドニー(玉髄)の中に緑色系の苔やシダ、樹木のような印象のインクリュージョン(内包物)がある天然石です。
特に緑色系のインクリュージョンが入ったタイプだけに付けられた名称で、他のインクリュージョンも含み色彩も豊かで風景画のような模様を持つものは、ランドエスケープアゲートと呼ばれています。
モスアゲートのモスとは苔(Moss)の事でインクリュージョンのクローライト(緑泥石)が苔をイメージさせる事から付いた名前です。

ラピスラズリ【ラピスラズリ】
カラーバリエーション / 青のみ

ラズライト(天藍石)をはじめとした複数の鉱物から構成される美しい青色の天然石であるラピスラズリには、その多くのものは黄鉄鉱を含み金色の斑点が見られます。
世界でも最古の宝石のひとつで装飾品だけでなく群青色や空青色等の顔料としても用いられてきた非常に歴史のある天然石です。
青い石色に金色の斑点が散りばめられたラピスラズリは、群青色の空に無数の星々が煌めくようなイメージを持ち、神秘的でロマンチックな雰囲気が特徴です。
ターコイズと共に12月の誕生石になっています。

ルチレイテッドクォーツ【ルチレイテッドクォーツ】
カラーバリエーション / 透明水晶に金色や赤色等の針状インクリュージョン

ルチレイテッドクォーツとは、透明な水晶の中に金色や赤色等のルチル(金紅石)の針状結晶を含んだもので、内包する針状結晶の色や状態等で様々な別名を持った天然石です。
ヴィーナスヘアーストーン、セージニティッククォーツ、キューピットダーツ等が比較的に有名な名称になります。
ルチルの針の色には、金、赤、青、緑、黒、銀色などがあり、その入り方も少ないものから多く入ったものまで豊かな表情があります。
ルチル(金紅石)は、クォーツ以外の様々な鉱石に内包されるインクリュージョンのひとつになり、透明な水晶以外ではシャトヤンシーやアステリズム等の光彩効果を生み出す要素になりますが、ルチレイテッドクォーツはルチルの色や柄を楽しめるのが特徴です。

ルビー【ルビー】
カラーバリエーション / 赤のみ

サファイヤと同じコランダム(鋼玉)という鉱物の変種で赤色をしたものだけがルビーと呼ばれます。
赤い色はコランダムに含まれるクロム成分によるもので、薄いピンクから濃い赤までの濃淡がありますが、ピンク色のものはピンクサファイヤの名称となる為、赤色のものだけがルビーになります。
その中でもピジョンブラッド(鳩の血)と呼ばれる透明度が高く青みがかった真紅の最高級のものは非常に高価であるにも関わらず、とても人気があるタイプとなっています。
サファイヤと同様にルチルを内包したスタールビーもありますが、サファイヤと異なり赤色のみのルビーでは透明感の高さと色の鮮やかさがポイントになります。

ローズクォーツ【ローズクォーツ】
カラーバリエーション / ピンク、薄紅色、薔薇色

ローズクォーツは、ピンク、薄紅色、薔薇色をしたクォーツ(石英)で紅水晶の名称でも知られた美しい天然石です。
水晶の中では稀少性が高いタイプで特に透明感が高く純粋なピンク色のものがジュエリー等に用いられます。
ただ、白濁したものや細かなヒビの入ったもの等のローズクォーツも独特の淡い色合いから装飾品として人気があります。
また、ローズクォーツの中にはルチル(金紅石)が含まれたアステリズム効果が現れるスターローズクォーツもあります。
優しい色目と名称から女性に人気の高い天然石です。

ロードナイト【ロードナイト】
カラーバリエーション / ピンク、赤、薔薇色

ロードナイトは薔薇輝石の和名を持つ特有のピンク、赤、薔薇色をした珪酸マンガン鉱物で、その色合いと名称から女性に人気の高い天然石です。
ややマットな光沢感を持つロードナイトですが、透明感が高く深みのある色目のものが良質となれています。
半透明〜透明で含有されるマンガンの量によって黒斑や葉脈状黒斑が見られるロードナイトは、ピンク系の天然石の中でもナチュラルで素朴な表情を持っています。
割れ易く、酸等の薬品耐性が低いので取り扱いには少し注意が必要です。

ロードライトガーネット【ロードライトガーネット】
カラーバリエーション / 薄い色目から濃い色目までのワイン色

ローライトガーネットは透明度の高いワインのような色をした天然石です。
ガーネットには色によって含まれる成分が異なり、それぞれに名称が付いています。
黒っぽい濃い赤みを持ったアルマンディンガーネット、燃えるような鮮やかな赤色のパイロープガーネット等の種類があり、ロードライトガーネットの性質はアルマンディンガーネットとパイロープガーネットの中間で、熟成されたワインのようにやや紫がかった紅色をしています。
多色性を示す特徴もありますが、非常に微かです。

赤珊瑚【赤珊瑚】
カラーバリエーション / 赤

珊瑚(コーラル)は、深海に生息するサンゴ虫が作り出した樹枝状の骨格で、赤、ピンク、白、黒、青等の炭酸カルシウムを主成分とした宝石です。
珊瑚の中でも赤色のものを赤珊瑚と呼び、ピンクや白色と共にジュエリー等の装飾品として使われます。
色は好みにもよりますが、珊瑚の中でも赤珊瑚、特に血のように赤い血色サンゴは稀少性も高く非常に高価な色目になります。
他の色目の珊瑚と同様に非常にデリケートな宝石でキズが付き易く、熱、汗や皮脂、薬品等の耐性が低い事から取り扱いには注意が必要です。

白珊瑚【白珊瑚】
カラーバリエーション / 白

珊瑚(コーラル)は、深海に生息するサンゴ虫が作り出した樹枝状の骨格で、赤、ピンク、白、黒、青等の炭酸カルシウムを主成分とした宝石です。
珊瑚の中でも白いものを白珊瑚と呼び、赤やピンク色と共にジュエリー等の装飾品として使われます。
他の色目の珊瑚と同様に非常にデリケートな宝石でキズが付き易く、熱、汗や皮脂、薬品等の耐性が低い事から取り扱いには注意が必要です。

琥珀【琥珀】
カラーバリエーション / 黄、赤、褐色、緑、紫、黒等で様々なインクリュージョンを含むものもある

琥珀はアンバーの名でも知られる針葉樹林の樹脂が化石化した天然石です。
琥珀が化石化する前に樹脂に取り込まれた昆虫や植物、気泡等がインクリュージョンとなっているものも多く、非常に豊かな表情を持っているのが特徴で、装飾品以外でも人気があります。
また、琥珀は産出した土地の気候や風土、環境の違いで様々な色合いや形のものがあり、インクリュージョンだけではなく、色合いや形等を楽しむ事もできます。