Original & Spiritual Jewellery Ijeluna

オリジナルジュエリーブランド「Ijeluna」。シルバージュエリー等、オリジナルデザインのジュエリーを通販いたします。

糸魚川翡翠や各種の天然石等、稀少性の高い天然石を使ったハンドメイドジュエリーの製作と販売をしています。



Collection














Contents

Collection's
Site Map
天然石についての知識
ジュエリーに使われる石の種類
ジュエリーに使用する貴金属
リングサイズの図り方とお手入れ
ジュエリー製作の方法等
メンバーズ会員について
日本産の翡翠について
様々な鉱物や宝石についてのお話
ダイヤモンドについて
オーダーメイドやリフォームについて





























































カート

カートの中を見る

商品検索



メールマガジン

メルマガ登録・解除はこちら

LINK


Ijeluna
★「Ijeluna」のHPです。

Ijeluna-homme
★「Ijeluna-homme」のHPです。

Ijeluna Blog
★「Ijeluna」のオフィシャルブログです。

Ijeluna Blog
★糸魚川翡翠と稀少石の姉妹サイト「nekoguruma」です。

★モバイル用バーコード★

モバイル用


★twitter & facebook★




rss atom


Ijeluna(アイジェルナ)のジュエリー通販サイトで取り扱いがある各種ジュエリーに使われている貴金属等の地金素材についての説明になります。


SILVER【SILVER(銀)】
単位 / SV

シルバーは1000分率で表示され、純銀はSV1000になります。
一般的な室温下での電気伝導率、熱伝導率、可視光線の反射率は金属の中では最大で、展延性(固体物質の素材が破断されず柔軟に変形する限界値)についても金(GOLD)に次ぐ貴金属素材です。
シルバーに限らず純金属の多くは非常に柔らかい為、シルバーの場合は銅等を混ぜて硬さを補強しており、Ijeluna(アイジェルナ)のシルバー製品は全て75%の銀と25%の銅を使った二元合金であるSV925を使用しています。
展延性があり、可視光線反射率が非常に高いシルバーは、古くから装飾品の素材として用いられてきましたが、貴金属の中では比較的に化学変化を起こし易い素材で大気中の硫黄化合物等による変色が起こります。
これはSV925に含まれる25%の銅についても化学変化を起こし易い金属である事から、多くのシルバージュエリーの特性となります。
化学変化を起こし易い為、アレルギー等が生じる場合もある事から純度が75%未満のシルバージュエリーはお薦めできません。
化学変化による変色を防ぐ方法としてメッキ処理を施す場合もありますが、Ijeluna(アイジェルナ)では変色した黒みや風合いを活かしたアンティークのようなデザインにしたり、使い込む程に出てくる風合いを楽しんでもらいたいと考えている事からメッキ処理は施しておりません。
末永くお使い頂く為にも、普段からジュエリー用クロスを使って磨いたり、使用しない場合は袋等に密封し空気に触れないように保管して頂ければと思います。

K10【K10(10K)】
単位 / K

ここ何年間も金相場が高騰している影響もあり、一般的に広く認知された純度の金合金になります。
通常、純金はK24か24Kと表示されます。
柔らかく可鍛性があり、展延性にも富む貴金属の金(GOLD)は、純金属の状態では柔らかく重く非常に高価なものになる為、装飾品用としての実用的な強度を持たせる為に他の金属等と混ぜ合わされた合金として用いられる事が多く、K10については約41.67%の金に対して残りの約58.33%を銀と銅を混合させた三元合金とされる場合が多いです。
金の地金相場が高騰傾向にあるとは言え、50%にも満たない含有率の金合金なのでK18等の純度を持った金地金に比べると発色は劣ります。
また、金は化学変化を起こし難い貴金属なのですが、含有率の低いK10の場合はその限りではありません。
K18と同様に金以外の一般的な割り金である銀と銅の比率を調整する事でピンクカラー、イエローカラー等のカラーゴールドになり、金色の色消しの役割となるパラジウム等の混ぜる事でホワイトゴールドにもなりますが、発色はそこまで高くない為、メッキ処理を施す場合もあります。
Ijeluna(アイジェルナ)のK10製品は、メッキ処理をしていないイエローゴールドとピンクゴールドを使用しています。

K18イエローゴールド【K18イエローゴールド】
単位 / K

K18は、金の75%の含有率を持っているもので、Ijeluna(アイジェルナ)で取り扱っているK18イエローゴールドの製品は、75%の金に対して、残りの25%を銀と銅を半々の配合率にした三元合金を使っています。
金地金は純度が上がる(含有率が高い)程、化学変化をし難い貴金属です。
金のカラーバリエーションはブランドやショップ、メーカーによって異なり、K18は金が75%の含有率である事を示すだけで、残り25%の割り金の種類や配合率は表記しない場合が多いと思います。
K18は金の含有率が75%と高い為、純金のような黄金色ではないものの鮮やかな発色を持ち、前述のように様々なカラーバリエーションも持っている為、非常に人気がある貴金属ですが、金の地金相場が高騰傾向にある為、やはり高額なものとなります。
カラーゴールドの色目については好みになりますが、金以外の25%となる割り金の種類によって硬さ等にも違いが出てきます。

K18ピンクゴールド【K18ピンクゴールド】
単位 / K

K18ピンクゴールドについては、K18イエローゴールドとほぼ同様の説明となりますが、Ijeluna(アイジェルナ)で取り扱っているK18イエローゴールドの製品は、75%の金に対して、残りの25%を銀より銅を多くした配合率の三元合金を使っています。
銅の含有率が増える事で赤みを持ったカラーゴールドとなり、銀の含有率を増やすと少し青緑がかったような色合いのカラーゴールドになります。
あまり、銀の含有率を上げ過ぎると柔らかい合金になってしまう為、少し実用性に欠けるかもしれません。
銅の含有率の高い赤みがかった色目のカラーゴールドは硬さもあり実用的である上、その色合いから女性からの人気が高いのが特徴です。

K18ホワイトゴールド【K18ホワイトゴールド】
単位 / K

K18ホワイトゴールドについては、K18イエロー&ピンクゴールドとほぼ同様の説明となりますが、最大の違いは金色を消す為の色抜き材となる金属が含まれている事です。
Ijeluna(アイジェルナ)で取り扱っているK18イエローゴールドの製品は、75%の金に対して、残りの25%を銀&銅&パラジウムという貴金属を配合した四元合金を使っています。
最大の特徴は金でありながら独特の硬い質感を持った銀色をしている事で、シルバーやプラチナとは違った銀色の輝きを持っています。
また、金以外の金属の配合率にもよりますが、多くは非常に硬い地金となるのも特徴です。

Platinum(プラチナ)【Platinum(プラチナ)】
単位 / Pt

プラチナは1000分率で表され、PT1000が純プラチナになります。
化学的に非常に安定した貴金属で熱耐性、酸耐性が極めて高く、アレルギーの生じ難い貴金属素材となります。
Ijeluna(アイジェルナ)では、割り金に10%のパラジウムを使った純度90%のPT900を使っています。
その耐熱性から他の貴金属に比べて融点が非常に高く、通常のガスバーナーでの熔解や溶接ができない為、加工には酸素バーナー等の設備が必要になります。
工業用としても活用される稀少性の高い素材で金や銀と同様に日々の地金相場で価格が変動します。
ジュエリーとしては、その安定性からブライダル関係をはじめ、人気の高い貴金属になります。


【その他のジュエリーに使われる貴金属】

【ピンクシルバー】

ピンクシルバーは銀の含有率を抑え、銅の含有率を増やしたピンクがかった地金です。
銀地金の高騰や新しい色目のジュエリー地金として提案されていますが、Ijeluna(アイジェルナ)ではSV925より銀の含有率が低い素材を使ったジュエリーの取り扱いはありません。

【真鍮】

ジュエリーとしての用途より調度品や嗜好品に使われる事が多かった真鍮ですが、最近は金地金の高騰を背景に金色系の色味を表現できる安価な素材としてジュエリーやアクセサリー素材として扱われている銅と亜鉛の合金になります。
銅と亜鉛の配合率によって赤みがかった色目から黄色がかった色目まで作れますが、亜鉛の割合が45%を超えるものは脆弱性が高まる為、銅60%〜95%に対し、亜鉛40%〜5%程度のものが使われます。
Ijeluna(アイジェルナ)では現在、真鍮を使った商品の取り扱いはおこなっていません。

【銅】

銅単体を加工したジュエリーは稀ですが、SV925や真鍮をはじめ他の金属との合金として使われる金属です。
また、伝統的な彫金技術や技法の中では木目地金のように銅色を活かした使い方や四分一(朧銀)、赤銅といった独特の地金素材の割り金としても使われてきました。
Ijeluna(アイジェルナ)では木目のオーダーメイドや銀、金の割り金として銅を使用しています。

【パラジウム】

貴金属グループに属する希少金属のひとつであるパラジウムは医療分野やホワイトゴールド用の脱色用割り金、プラチナの割り金等で使用されています。
Ijeluna(アイジェルナ)でもK10ホワイトゴールド、K18ホワイトゴールド、プラチナの割り金として使っています。

【タングステン】

パラジウム同様に希少金属であるタングステンは化学的に安定した非常に硬く重い金属です。
もっとも融点が高い金属となり、ジュエリーではハードプラチナ等の割り金として使用される事があります。
Ijeluna(アイジェルナ)では、特注でのオーダーメイドにタングステン割りのハードプラチナを使う事がありますが、通常商品での取り扱いはありません。


【おまけ】

【ヤキ】

純金(K24)の事。

【ササ】

純銀の事。


【貴金属の価値について】

ここで紹介したジュエリーに使用される貴金属は、ジュエリーとしての価値以外に貴金属地金としての資産価値を持っています。
特に近年は、宝飾品や調度品以外での産業需要も高まっている事から貴金属地金の相場は高騰傾向にあります。
Ijeluna(アイジェルナ)では、主に金&銀&プラチナを使用したジュエリーが中心ですが、貴金属地金の中でも認知度の高い、これらの貴金属地金も非常に荒い値動きをしながら高騰傾向にあります。
銀は太陽光発電の基盤、プラチナは自動車関係の触媒と需要を牽引する分かり易い要因がありますが、金地金については産業需要以外にも純粋な資産として運用されている率が高い事から値動きの見極めは非常に難しいと思います。
資産価値としての貴金属地金相場は、各取引市場の相場価格が公開されているので簡単に確認する事ができますが、ジュエリーの場合、貴金属含有率や加工賃等の製造コスト等も反映されるので少し分かり難いかもしれません。
Ijeluna(アイジェルナ)の商品については、商品製作時の地金相場で価格設定をしており、3ヶ月に1度、地金相場の変動に応じた価格改正をおこなっています。
貴金属地金については、こうした地金相場という不確定要素があり、そこでの価格変動が生じる事も参考にしてジュエリー選びや購入先の参考にして頂ければと思います。